アコーディアゴルフのように申込をして損をする株も

IPOというのは注目度も高く、特に初値が市場の関心を寄せるものとなっています。
そのため、どのような銘柄であっても初値というのは重要な意味合いを持つことになるのですが、全ての銘柄が公募価格を上回るとは限らず中には公募価格を割った初値をつける銘柄も無いわけではありません。

初値が怪しい銘柄というのは、事前にある程度予測がつくのですがどの程度割れるのかということは、実際には上場してみなければわからず、割れる可能性が高いという銘柄であっても高い初値がつくこともあります。
しかし、その一方でアコーディアゴルフのように上場以来一度も公募価格を上回ることがなく、申込をした人全てが損をしてしまう株というのもあります。
アコーディアゴルフは上場したての頃が一番の高値で、しかもそれが公募価格を割ってしまっていたため公募価格で申込をした人も、上場直後に株を買った人もほぼすべての人が損失を出したということになります。
アコーディアゴルフは上場直後から下落トレンドに突入をして、右肩下がりで株価が下落し続けたため、その間多くの投資家が素質を出したということになるのです。
ただし、この銘柄は空売りをすることができるので空売りをした投資家は利益を出すことが出来たといえますが、それでも公募で申込をした人は全滅という銘柄となっています。

IPOというのは大きな利益を手にすることが出来る可能性が高い一方で、市場の関心があまり高くない銘柄などは逆に一度も公募価格を超えることがなく、損失だけを出してしまうというおそれもあるので全てのIPOに適当に申し込みをすればいいというのではなく利益をしっかり出すことが出来そうなものを選んで応募をしてみましょう。

トップページへ